自馬・養老馬預託

馬主様の大切な愛馬を安心して預託できますよう、より良い環境で管理し、大事にお預かりします。

一日数回スタッフが馬房掃除し、常に清潔を保ちます。
馬はいつでも寝転がる事ができ、病気の予防にもなります。
夜の見回りを毎日行います。夜間スタッフが常駐していますので、馬の異変に迅速に対応します。

掛かりつけの獣医さんも24時間体制。
愛馬に万が一のことがあっても、獣医さんと連絡が取れることで、緊急時の対応が取れるので安心です。
基本的に1時間以内に駆けつけてくれます。


環境

本厩舎
厩舎は天井高約10mの吹き抜けで、光がよく入り、明るくて風通しの良い設計です。
馬房
馬房の間取りは最大5.2m×3.6mを用意しています。全室扇風機付きです。
オーナーの手作りで安全かつ頑丈に建てられています。
屋内蹄洗場
「馬装と手入れがしやすい」をテーマにオーナーが施工しました。
雨風を気にせず、愛馬のお手入れができます。
森の放牧場
自馬・養老馬の預託に放牧場又は馬場で放牧が可能です。放牧場は森の木々が天然の日よけとなり、夏場でも非常に涼しい環境です。ポニーを帯同しますので、慣れない間も仲間がいるので安心します。また、馬同士のケガのリスクも抑えられます。
敷材
通常乗馬クラブで使用されるスギの敷材ではなくヒノキを使用しています。
これに新鮮なもみがらを混ぜ合わせ、適度なフカフカ感と、優れた吸湿性を実現し、蹄の敵である湿気を取り除きます。
ヒノキは消臭効果も大きく、厩舎全体に嫌な臭いがありません。
また、スギの乾いた粉塵は、馬の喉に張り付いてせき込みの原因となりますが、新鮮なヒノキはしっとりと適度に水分を含み、気管支にも優しいです。
飼料庫
乾草飼料などは湿って菌が繁殖しないよう、置き場を高くし、清潔に保管しています。
飼料
愛馬に必要な栄養素を計算し、バランスの取れた飼料を与えます。疝痛(せんつう)の要因になるといわれるキューブ飼料は与えていません。

基本飼料

カルシウム:リンの比率をバランス良く配合し、日々の運動量で内容を変更し、適量を与えます。

ハイチャージ7 主に運動量の多い競技馬用。
低デンプン、高繊維を追求した嗜好性の高いペレット飼料。
フィードミックスセブン 最高品質の穀類をベースに、蹄の成長に大切なビオチンを大幅に強化し良質な糖蜜・コーンシロップを添加。微量ミネラル・必須アミノ酸をバランス良く配合した嗜好性の高い完全配合飼料。
大麦 蒸気で加熱し圧縮した飼料。
消化性と嗜好性が高い。
大豆粕 エネルギー化を抑え、タンパク質が豊富に含まれます。
チモシー 主食となる乾草です。
当クラブでは、高価な穂の多い一番草を使用しています。嗜好性が高く、繊維も豊富に含まれます。
ルーサン(アルファルファ) チモシーと並び、人気の牧草です。
3食に一度はルーサンを与えます。
粗たん白、カルシウムが豊富に含まれます。
ミネラル 不足しがちな塩・カルシウムなどの補助飲料。
米ぬか 抗がん作用・抗腫瘍作用・尿路血石や腎結石予防に効果のあるフィチン酸、食物繊維、ビタミンB各種、ビタミンE、ミネラル、鉄、マグネシウム、マンガンなどの成分が含まれています。

その他オプション

  • 休日の運動 クラブの定休日にスタッフが引き馬、放牧を承ります。
  • 夏場の冷房設備 馬房を改装して締め切り、冷房も設置可能。
    馬は暑さに弱いため、近年、競馬界を中心に導入されており、体力低下を防ぎます。
  • その他 ご要望に応じてオプション追加できます。何でもご相談してください。

料金

A、B、Cのプランからいずれかをお選び頂けます。

入厩料 ¥100,000 入厩時にお支払い頂きます。
預託料 ¥120,000 飼育管理費、馬房使用料、敷料(ヒノキ又はスギ+もみがら)、基礎飼料代
(配合飼料:ハイチャージ7、フィードミックスセブン、大麦、大豆粕、チモシー、ルーサン(アルファルファ)、ミネラル、米ぬか)
A 運動料 ¥20,000 スタッフが日々運動し、お客様指導の際には下乗りもします。
B 調教料 応相談 馬の状態を維持するため調整します。
馬の能力向上や専属トレーナーもご用意可能です。
C お客さまご自身で運動 ¥0
放牧料(オプション) ¥10,000 専用放牧地で放牧いたします。
追加飼料 実費
装蹄料 実費
医療費 実費(予防接種含む)
指導料 無料(Cプランの場合は別途)